壁紙

更新日時:2017-08-15 16:11:49

壁紙の黄ばみが気になっているので、リフォームをするならぜひ張り替えたいものです。子供が生まれ、ペットも飼うようになりましたので今ではすっかり辞めてしまったのですが、昔は夫も煙草を吸っておりましたので、その頃の名残なのかもしれませんね。

どうせ壁紙を替えるなら、デザインや機能にもこだわりたいです。私が注目しているのはエコカラットという商品で、調湿・消臭作用・有害物質の吸着作用で、空気をカラリと綺麗に整えてくれる壁材です。色柄も木目調からレンガ調・タイル調と豊富なんです。水回りやリビングの一部にはぜひ取り入れたいですね。

今はオシャレな輸入壁紙もたくさん選べますので、シンプルな壁紙の中にワンポイントアクセントとして鮮やかなデザイン壁紙を取り入れると家の中がオシャレになると思います。

時代はすすんだもので、今ではネット通販などで、自分好みの壁紙を自分で張り替えられるセットを購入できるのだそうです。

かつて自分が吸った煙草のせいで壁紙が黄ばんだことについて少し反省しているらしい夫が、自分で張替えをしてみたいと言い出して、家族でオシャレな壁紙を選んでみているところです。

オシャレな柄物の壁紙は、部屋全体に使うとうるさくなってしまいますので、どこか一面だけにするか、シンプルな壁紙をと合わせてポイント使いにするのが良いみたいですね。

広告

キッチン

更新日時:2015-09-11 16:48:51

いまのキッチンは狭くて使いづらいので、リフォームするなら、キッチンもリフォームしてしまいたいです。

あこがれは、広々としたシステムキッチン。料理の下ごしらえをしても、全く問題ないくらい広いキッチンが欲しいですね。キッチンが狭いと、それだけで料理をするのが大変になりますから、こだわった料理を作るのが面倒くさくなってしまいます。もともとは料理をするのが好きなので、広いキッチンで、こだわりの料理を作りたいですね。

あとは、調理器具なんかが取り出しやすい収納スペースがあれば最高です。いまは、上に下に色々ものが詰まっていたりして、取り出すのが大変。老後になったら、きっと料理するのが嫌になってしまうと思います。

そういうこともあるので、キッチンのリフォームは優先的にやりたいなと思っています。キッチンは主婦の仕事場、仕様にはこだわりたいものですね。

洗面所

更新日時:2014-05-26 10:26:11

家のリフォームで、洗面所をリフォームしたいと思っています。洗面所は、毎日使う場所ですし、古くなってしまって手入れも大変なんて事もあったりするんです。

洗面所をリフォームするときには、一番注意しておかないといけないのが「高さ」です。洗面化粧台の高さは、腰を曲げないで済むから楽と思っている人もいるでしょうが、実際に使うと高すぎるなんて事もあります。洗面化粧台は収納や照明などにも気をつけておくことです。

洗面所は、脱衣所・洗濯場でもあります。脱衣所として使うのに、寒さ対策やカビ対策をしっかりとしておく事です。床材や壁紙など、床は冷えにくいものを選んだり、暖房設備を完備したり、壁紙は、防カビタイプの材質にするなどをしておくといいと思います。

洗濯場として、使っていくなら洗剤などを置ける収納スペースは必須ですね。それに、洗面所のライトも工夫しておけばもっとよくなると思います。

洗面所を快適な空間にしたいから、床暖房を入れたり、物を入れておける空間を多く作ったりするなど、自分たち好みの空間にしたいものです。

トイレを変えたい

更新日時:2014-03-19 13:17:52

家のリフォーム、したい箇所は沢山あるのですが、やはり何と言っても一番はトイレです。

トイレだけはどうしても変えたいと思っている場所です!

その理由は、ウォシュレット機能が欲しいと思っているからです。

ウォシュレットがあれば用を足したあとも清潔で気持ちがいいので、これだけは外せないと思っているポイントです。

もう一つ取り付けたい機能は、便座ウォームです。

特に冬は冷え性でつらいので、便座カバーだけでは耐えられなくて、家のリフォームカタログを見ていて便座ウォームだけはどうしても欲しいと思うようになりました。

それと、今使っている家のトイレは収納スペースがほとんどない上に狭くて物がほとんど置けないのも不満な点です。

トイレットペーパーや清掃用具等は個室内に置いておけたらどれだけ便利な事かといつも思ってます。

毎日使う場所でもある事だし、どうせやるのならイマ風のおしゃれで清潔感いっぱいのトイレにリフォームしてしまいたいと考えています。

お風呂

更新日時:2014-03-12 19:27:07

家をリフォームするなら変えたいと思っている箇所として挙げられるひとつにお風呂があります。日本人なら毎日(まれに毎日入らない人もいますが・・・)お風呂に入るのは当たり前です。

毎日入るわけですから快適に入りたいです。それに人間欲深いですからいいものに慣れるとさらにいいものが欲しくなります。

お風呂は人それぞれ理想とするものがあるでしょうが、やはり広いお風呂が欲しいと感じる人は多いと思います。それに浴槽も広いものがよいでしょうし、その浴槽は浸かった時に足が伸ばせるほうがリラックスできます。

それから家の中での配置も重要です。家の中心付近に配置してある場合は湿気が家にこもりやすいので、出来れば窓がある外に面した場所に配置したいです。

浴室乾燥機も欲しいです。最近はオーディオプレイヤーなどと接続できて音楽が聞けるものもあります。

最近は保温機能もついていてぬるいお湯につかる必要もなくなりました。自分にあった理想のお風呂に巡り逢いたいものです。

階段の手すり

更新日時:2014-03-05 10:27:59

北関東のとある街で築30年以上が経過している昔ながらの家に家族と暮らしています。

私、夫、子供2人、父、母、猫2匹の大世帯、賑やかななのが何よりの自慢です。

しかし、昔ながらの構造のため、家の至る部分に不満も出てきました。

例えば、現在の階段には手すりがついていない構造のため、年老いた祖父母にとっては昇り降りが大変きついみたいなんですよね。

普段は1階に住んでいても孫が2階にいるのでよく世話をしてもらっているんです。

特に母はヘルニアを患っているので、手すりがないと踏ん張りどころがないので、階段の途中で立ち止まることもしばしばあります。

側にいれば手を取って介抱もできますが、常にというのは現実的に難しいのでした。

この階段へ手すりをつけるリフォーム案には、家族全員が賛成しています。

ゆくゆくは私たちも老いておくわけですから、その時々で住民の要望に合うような家作りをリフォームで実現できたら、と考えています。

記事検索