SSL証明書がわからない

更新日時:2015-10-08 17:37:51

HTTPSは今や当たり前! SSLなら「サイフにやさしいSSL証明書」

サイフにやさしいSSL証明書

詐欺サイトや怪しいサイトがあまりにも増えてしまったため、消費者側は警戒心を強めてしまいました。現在、ショッピングサイトなどの金銭のやり取りが発生するサイトを実際に利用してもらえるかどうかは、「信頼性」が大きな鍵となりまっています。

電子決済などを行う際の、ネットにおける「信頼性」の目安として最も有名なのが「SSL証明」でしょう。SSL証明書には「サイトの実在証明」と「暗号化通信」という2つの重要な機能があります。SSL認証されたサーバーは、URLが「https」の5文字から始まるので、誰でも簡単に確認することができますね。

そんな便利なSSLですが、問題は導入にお金がかかることです。SSL認証書の発行元として有名なところでは、サイバートラストの「SureServer [2048bit]」が1年間38000円、シマンテックの「Secure Site」が1年間49800円となっており、ほかにもSGC対応、EV証明書など、いろいろなタイプながあります。

どんなSSL証明書があるのか一覧で見てみたい、格安のSSL証明書を探したい、という方にオススメなのが、エスロジカルの運営する「サイフにやさしいSSL証明書」というサイトです。ここでは1年間3000円という格安SSLをはじめ、有名どころや売れ筋、高性能など、さまざまなSSL証明書を比較・注文することが可能です。

記事検索